着物を着るシーン

着物を着る機会がこんなに

七五三親子で着物、その後は着物買取へ

着物を最初に着るシーンといえば、成人式を思い浮かべる人も多いことでしょう。20才のお祝いに親が娘にプレゼントしてくれることも多いと思います。成人になった記念を日本の民族衣装である着物でお祝いするというのは良いことですよね。最近はレンタルで借りる人も少なくないようですが、レンタルしてもそれなりにお金がかかります。それに着物は結婚式のウェディングドレスのように一度しか着ないものではなく、その後も何度も着る機会が出てくるものです。たとえば、正月の初詣でや結婚式の参列時、子どもが生まれれば入学式や卒業式などでも着ることになるでしょう。そのことを考えると、レンタルよりも購入したほうが良いと思います。しかも、少し奮発して良い着物を購入すると後々後悔しないと思います。

また、子どもが着物を着る機会もあります。たとえば、七五三です。小さな女の子の着物姿はかわいいですよね。親子で着物に袖を通すというのも素敵だと思います。最近は子ども用の着物がいろいろ安く出回っていますので、七五三に親子で着物というのも、それほどの大きな負担ではないでしょう。ただ、子供の場合は背が大きくなればもう着る機会がなくなりますから、着物買取店で売っているリサイクルの子ども用着物を購入するのも悪くないでしょう。あるいは新品を購入し、サイズが合わなくなったら着物買取に売却するというのも良いでしょう。

ブランド品と同様に、着物はリサイクルできるものの中でも高価な商品です。そのため着物買取は高額買取が飛び出すことも少なくありません。子ども用の着物の場合は需要があります。たった一回のことだから新品ではなくリサイクルで済ませようと考えるケースが多いのです。子ども用の古着と同じ感覚ですね。そのため子ども用の着物は、着物買取では高値安定商品の一つです。

また、大人の着物の場合も、ブランド物は高値買取が期待できます。ただ、その場合も着物買取店1社だけで決めてしまうのではなく、複数の着物買取店同士を競合させるのが得策です。近所に着物買取店が複数あれば、それらを一つひとつ回りながら査定してもらうと良いと思います。そして、一番高値を付けてくれた着物買取店に売却することを決定すれば良いわけです。その際のテクニックとして、他店の査定額をそれとなく教えることで、それ以上の買取価格を引き出すことができることが多いです。少し手間がかかりますが、少しでも高く売れれば、きっとおつりがくることでしょう。

Copyright(C)2014 着物を着るシーン All Rights Reserved.