着物を着るシーン

着物を着る機会がこんなに

着物買取を利用してお宮参りの着物と産着を上手に活用

ライフスタイルの変化により日常生活で着物を着る機会をもつ人は大幅に減ったものの、人生の節目節目に日本の伝統文化を肌で感じることができるのは「着物」です。我が子が誕生したときのお宮参りに着せる「産着」こそ、人生で一番最初に着る着物ではないでしょうか。着物買取においても買取実績が多く、リサイクル着物としても需要があるのも、この産着です。

またお宮参りに着物を着る女性も多く、結婚式後に着物を着る最初の行事がお宮参りという人は少なくありません。こういったお祝い事をとおして着物に接することで、着物への関心が高まり、一枚そしてまた一枚と着物が増え、そして年齢を重ねるごとに着物の趣味や色合いの好みが変化し、着物買取の存在を知る女性が増えています。 ちなみに、せっかく産着を新調したものの、たった一回限りというのはもったいないという声をよく着物買取のさいにも相談されます。そんなとき、もし本当に不要であれば喜んで着物買取として買い取りをさせていただきますし、もしあと1回でも2回でも活用したいと考える方には、そのアイデアを伝授しています。 たとえば女の子の場合は、七五三の三歳のお祝いのとき、仕立て直せば立派な晴れ着になります。袖の下の部分を丸みをつけて縫い込んだり、肩上げや腰上げをしたり、襦袢の赤いつけ袖をはずすといった4カ所の仕立て直しで完了します。

次に男の子の場合は、七五三の五歳のお祝いのときになれば、生まれたときよりもかなり成長しますが、晴れ着用として仕立て直した後、足りなくなった身丈の分は袴でカバーします。ちょっとしたアイデアと仕立て直しをすれば、一度きりの思い出で終わらないのが着物の魅力でもあり、上質な絹で織られたものが多く、しかも着用はせいぜい1回から数回程度の初着ゆえ、着物買取においても歓迎されるアイテムの一つです。 さらにお宮参りを皮切りに着物を着る心の充実感をおぼえた女性にとっては、七五三や小学校をはじめとする入学式や卒業式、さらには茶道等でのお茶会や冠婚葬祭などで着物を着ることも多くなることでしょう。着物には流行がなく上質な着物は、何世代にも渡って袖を通すことができます。ただし、振り袖は独身の若い女性、既婚者やある程度の年齢を召した女性は留袖といったように、人生のステージごとに着物の種類だけでなく、年齢に合った色味や柄といったものがあります。ずっと大事に保管しておきたい着物はシーズンごとに陰干しなどして手入れし、不要となったり今ひとつ好みに合わなかった着物は、別の場所で重宝されるときがくるため、上手に着物買取を活用しましょう。

Copyright(C)2014 着物を着るシーン All Rights Reserved.